とあるスイーツの図書館

ここはお菓子の歴史とレシピに敬意を込めた場所

バレンタインにみんなは何をあげる?お菓子によって意味が変わってくる!?

f:id:MOSHIPOTA:20220129082712j:plain


バレンタインといったらチョコレート!!ってのが定番ですが、中にはカップケーキだったりクッキーだったり。本格的にする人はもっと凄いものに!!

 

皆さんが好きな人、友達に好きなお菓子を、得意なお菓子をあげるのはいいのですか、お菓子によってバレンタインでは意味が変わってくるってのは知っていますか?

 

受け取り側がもしそれを知っていたら勘違いしてしまうかも!!

今回はお菓子によって変わる意味を確認していきましょう。

 

バレンタインにあげるお菓子の意味は?

バレンタインにあげるお菓子をいくつか挙げてみました。

解説していきましょう。

 

チョコレート

一番定番なお菓子チョコレートですが、チョコレート単体では特に意味を持っていません。チョコレートをあげる場合は関係性で変わってきますね、「友チョコ」「義理チョコ」「本命チョコ」など人間関係によって変わってきます。

渡す側は言葉を添えてあげると自分自身の思いが伝わりやすくなりますね。

 

クッキー

クッキーといえばサクサクっとした食感ということで、「軽い感じの関係」の意味。

友達として仲良くしようね〜って時ですね「義理」「友」に使うのがピッタリ。

 

キャンディー

あまりキャンディーをあげる人を見たことないのですが、意味があるようです。

キャンディーは硬い、長く口に残るということから「関係が壊れない」「長期的関係」につながるそうです。

「本命」「親友」などに使うとピッタリです。

 

カロン

カロンといえば一つの値段が高いですよね。

高級感があることから「特別な人」につながります。

特別感がある「本命」にピッタリです。

 

カップケーキ

カップケーキいろんなデコレーションがされてアレンジ多様のカップケーキ。

こちらも高級感とはなりませんが、「特別な人」「本命」につながるそうです。

おそらくですが、アレンジされたった一つの物からして特別な物になるのではないでしょうか?

 

キャラメル

キャラメルは子供から大人までみんなが好きなお菓子というイメージから「安心できる」「安定」につながるようです。

一緒にいて安心できる人「本命」「友達」などにピッタリ

 

マロングラッセ

高級お菓子の栗なのですが、これはヨーロッパでは特別なもの。

「永遠の愛を誓う」一生の存在の相手に送る一品です。ヨーロッパでは男性が女性にマロングラッセを送る習慣がそうです。「逆チョコ」にピッタリ!!

とてもロマンチックですね。

 

嫌いの証拠になるお菓子もある!?間違い危険!!

逆に相手のことを「嫌い」と表現するお菓子もあります。これには注意!!

 

マシュマロ

マシュマロといえば口の中でスッと溶けてしまうことから、「別にいなくても良い」「あなたのことはどうでもいい」といった意味に・・・

 

しかし、ふわふわしているから「優しさ」の意味が込められているという意味もあるようです。マシュマロの中にチョコが入っている場合も意味が変わってきます。

「愛で包み込む」という意味になるようです。

 

マシュマロの場合はネット上で「嫌い」を表現されていることが多いため渡す場合には注意が必要です。

 

グミ

これといった理由はないですが、グミは「あなたのことが嫌い」という意味になるようです。なぜでしょうか・・・(笑)

キャンディとは真逆で「すぐに溶ける」、「壊れてしまう」という理由があるようです。

f:id:MOSHIPOTA:20220129084529j:plain

まとめ

今回はいろんなお菓子のバレンタインでの意味を書いていきました。

ぜひこれを参考にあげるお菓子を選んでみてください。